メニューを開く 検索

ADプレクリニカルの治験コホートを構築

2022年02月10日 05:05

1名の医師が参考になったと回答 

 アルツハイマー型認知症(AD)治療では、これまで多くの治療薬候補が途中で開発中止に追い込まれ、新たな対策が待ち望まれている。東京大学大学院脳神経医学専攻教授/東京大学病院早期・探索開発推進室室⾧の岩坪威氏および同推進室特任講師の新美芳樹氏は、ADの早期・無症候段階に当たるプレクリニカル期ADの診断と治験に即応可能なコホートの構築を目指す、Japanese Trial Ready Cohort for preclinical and prodromal AD(J-TRC)研究の現状と展望を、2月3日に開催したオンライン記者発表会で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  ADプレクリニカルの治験コホートを構築