メニューを開く 検索

HIV感染者、存在知らずにワクチン未接種

医師が勧めれば65%が「接種する」

2022年02月10日 15:46

3名の医師が参考になったと回答 

 ワクチンで予防できる感染症は多い。高知大学病院総合診療部病院教授の武内世生氏らは、外来通院中のHIV感染症患者を対象として、6種のワクチンの接種状況について調査した結果を第35回日本エイズ学会(2021年11月21~23日、ウェブ併催)で報告。「ワクチンの存在を知らず、接種していない患者が多かった。しかしながら、医師が勧めれば65%が接種すると回答したことから、接種勧奨や情報提供をすることで接種率は向上する可能性がある」と述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  HIV感染者、存在知らずにワクチン未接種