メニューを開く 検索 ログイン

コロナ2剤目の経口薬、使用上の注意点は

2022年02月14日 17:00

62名の医師が参考になったと回答 

 厚生労働省は2月10日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する2剤目の経口薬となるニルマトレルビル/リトナビル(商品名パキロビッドパック)を特例承認した。軽症・中等症I患者に対する治療薬で、昨年(2021年)12月末にCOVID-19の初の経口薬として特例承認されたモルヌピラビル(ラゲブリオ)に続くもの。ニルマトレルビル/リトナビルは、早ければ本日(2月14日)から医療現場での使用が可能になる。モルヌピラビルとの使用上の大きな相違点として、ニルマトレルビル/リトナビルは併用禁忌薬が多数あることに注意が必要となる。高血圧、脂質異常症、不眠症、統合失調症、不整脈などの薬剤を含め併用できない薬剤が38成分と多く、処方時に服用中の治療薬との相互作用に関し慎重な確認が求められることから、今月27日までを試験運用期間と位置付け、約2,000の医療機関における院内処方で提供を開始する。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナ2剤目の経口薬、使用上の注意点は