メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  急性心不全へのhANP至適投与量は?

急性心不全へのhANP至適投与量は?

2022年02月16日 16:29

5名の医師が参考になったと回答 

 奈良県立医科大学循環器内科の野木一孝氏らは、急性非代償性心不全患者を対象に、ヒト心房性ナトリウム利尿ペプチド(hANP、カルペリチド)の投与の有無別、初回投与量別に1年時の予後を検証した結果をESC Heart Fail2022年2月4日オンライン版)に発表。カルペリチドを0.02μg/kg/分以上投与した患者で良好な成績が得られたことを報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

学会発表時、特に気にかけていることは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  急性心不全へのhANP至適投与量は?