メニューを開く 検索

術前禁煙指導で手術延期が大幅に改善

5年間の指導効果を調査

2022年02月16日 05:00

13名の医師が参考になったと回答 

 喫煙が周術期の呼吸・循環機能、予後に関連することは広く知られており、日本麻酔科学会の『周術期禁煙ガイドライン』では、術前4週間以上の禁煙が推奨されている。しかし術前禁煙が遵守できず、いったん入院したものの手術延期のために強制退院(入院後退院)となったり、術式・麻酔法の変更を余儀なくされたりする例が散見される。特に入院後退院例では、病棟・手術室・事務部門の事前準備が無駄になり、円滑な手術運営にも支障が出てしまう。西宮市立中央病院看護部の濱崎弘子氏らは第43回日本手術医学会(1月28~29日、ウェブ併催)で、同院で実施している術前4週間の禁煙指導の効果を調査した結果を報告。調査開始後5年時に入院後退院率が大幅に改善したことから、禁煙指導には一定の効果が認められるとした。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  学会レポート »  術前禁煙指導で手術延期が大幅に改善