メニューを開く 検索 ログイン

血管内治療で広範囲脳梗塞の身体機能が改善

RESCUE-Japan LIMIT

2022年02月17日 13:40

6名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © American Heart Association

 血管内治療は一般に広範囲の急性期脳梗塞では回避されるが、Alberta Stroke Program Early Computed Tomographic Score(ASPECTS)1が3~5の広範囲脳梗塞を有する患者においても、通常の内科的脳梗塞治療に比べ血管内治療では発症90日後の身体機能を改善する可能性があることが示された。兵庫医科大学脳神経外科主任教授の吉村紳一氏らが、国内多施設非盲検ランダム化比較試験RESCUE-Japan LIMITの結果を国際脳卒中会議(ISC 2022、2月9~11日、ウェブ併催)で報告、詳細がN Engl J Med2022年2月9日オンライン版)に同時掲載された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  血管内治療で広範囲脳梗塞の身体機能が改善