メニューを開く 検索 ログイン

肥満の若年男性、尿酸高値がCKDリスクに

国内・職域健診コホート研究

2022年02月17日 15:02

11名の医師が参考になったと回答 

 産業医科大学病院腎センターの久間昭寛氏らは、2009年に国内の企業2社で健診を受けた男性従業員8,000例超を対象とした後ろ向きコホート研究を実施。傾向スコア(PS)マッチング法を用いて交絡因子を調整後も、過体重(BMI25以上、日本の基準では肥満)若年成人男性では、血清尿酸(SUA)高値で5年後の慢性腎臓病(CKD)発症リスクが約2倍に上昇したことをBMJ Open2022年2月7日オンライン版)に報告した。また、40~60歳の中年男性では、過体重の有無にかかわらず、SUA高値はCKDの危険因子であることが示された(関連記事「血清尿酸値の年内変動大きいと死亡リスク増」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  腎・泌尿器 »  肥満の若年男性、尿酸高値がCKDリスクに