メニューを開く 検索

市中肺炎入院患者にインフル検査を行うべし

12%が陽性、オセルタミビル投与で院内死亡率低減

2022年02月18日 05:05

4名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 季節性インフルエンザウイルスは市中肺炎の主な原因菌だが、市中肺炎で入院した成人患者へのインフルエンザ検査の施行頻度や治療法、転帰などは明らかでなかった。米・Center for Value-Based Care Research, Cleveland ClinicのAbhishek Deshpande氏らは、同国の患者データベースに登録された市中肺炎による入院患者16万6,000例超を解析。インフルエンザ検査を受けた患者の12%が陽性となり、入院当日にオセルタミビルを投与した患者では14日以内の院内死亡率が有意に低かったと、Chest2022年2月5日オンライン版)に報告した。インフルエンザ検査施行の重要性が示唆された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  市中肺炎入院患者にインフル検査を行うべし