メニューを開く 検索 ログイン

アラガンの人工乳房使用でリンパ腫が4例に

2022年02月21日 17:20

6名の医師が参考になったと回答 

 乳がん治療後などの乳房再建手術や豊胸手術のためゲル充填人工乳房(インプラント)を挿入した患者で、まれなリンパ腫である乳房インプラント関連未分化大細胞型リンパ腫(BIA-ALCL)が発生している問題で、厚生労働省は2月18日、関連学会からアラガン社の人工乳房使用例で新たに2例のBIA-ALCL発症の報告があったと発表。2019年の国内における1例目の報告からBIA-ALCL発症は計4例となった。これを受けて、関連学会は定期診察・自己検診の重要性を再周知するとともに、安全性などに関する最新の情報提供を行った。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  アラガンの人工乳房使用でリンパ腫が4例に