メニューを開く 検索 ログイン

GLP-1作動薬、体重減少や治療継続に課題も

英国における2型糖尿病患者での実態調査

2022年02月22日 19:05

29名の医師が参考になったと回答 

 英国で新規にGLP-1受容体作動薬(GLP-1 RA)の処方を受けた約580例の2型糖尿病患者を対象に、同薬の体重減量効果やアドヒアランス、治療中断率に関する実態調査をMerck & Co社のTracey Weiss氏らが実施。「5%以上の減量」を達成した患者の割合は、治療開始から12カ月時点では3人に1人、24カ月時点でも半数に満たず、臨床試験成績には及ばなかったとBMJ Open Diabetes Res Care2022 Jan; 10: e00251)に報告した。調査では、治療開始から24カ月以内に6割超が治療中断に至ったことも明らかになった。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  GLP-1作動薬、体重減少や治療継続に課題も