メニューを開く 検索 ログイン

胸部がん患者のコロナ死に関わる7因子を同定

2022年02月24日 05:00

 これまで、肺がんや中皮腫などの胸部がん患者では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死亡率が高いことが報告されている。米・Vanderbilt University Medical CenterのJennifer G. Whisenant氏らは、COVID-19と診断された胸部がん患者の登録研究Thoracic Cancers International COVID-19 Collaboration(TERAVOLT)のデータを用い胸部がん患者のCOVID-19による死亡に関連する因子について検討。主要な規定因子として全身状態(ECOG-PS)、好中球数、血清プロカルシトニン、COVID-19診断時のがん・病期、肺炎の発症、C反応性蛋白(CRP)、年齢の7つの因子を同定したとJ Thorac Oncol2022年1月24日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  呼吸器 »  胸部がん患者のコロナ死に関わる7因子を同定