メニューを開く 検索 ログイン

CKD患者に対するカリウム摂取制限の是非

サルコペニア・フレイル合併の視点から

2022年02月24日 05:05

17名の医師が参考になったと回答 

 慢性腎臓病(CKD)患者は腎機能低下による高カリウム血症に注意する必要があり、これまでカリウムの摂取制限が設けられてきた。しかし最近の検討では、血清カリウム値とカリウム摂取量の関連は弱いことや、腎機能低下後のカリウム摂取が推算糸球体濾過量(eGFR)維持につながることが報告されている。浜松医科大学病院血液浄化療法部部長/病院教授の加藤明彦氏はCKD患者におけるカリウム摂取の重要性や、血清カリウム上昇の食事以外の要因について第24回・第25回日本病態栄養学会(1月28~30日、ウェブ併催)で解説した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  腎・泌尿器 »  CKD患者に対するカリウム摂取制限の是非