メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  腫瘍溶解性ウイルス、希少がんで第Ⅱ相開始

腫瘍溶解性ウイルス、希少がんで第Ⅱ相開始

2022年02月24日 15:34

7名の医師が参考になったと回答 

 鹿児島大学大学院遺伝子治療・再生医学分野教授の小戝健一郎氏らの研究グループは2月18日、骨軟部腫瘍のがん細胞特異的に増殖し、腫瘍を死滅させるように遺伝子改変した腫瘍溶解性アデノウイルスのSurv.m-CRA-1(サバイビン反応性・多因子増殖制御型アデノウイルス)の第Ⅱ相医師主導治験を開始したと発表した。悪性骨腫瘍に対し承認された腫瘍溶解性ウイルス(OV)療法や遺伝子治療薬は世界的にも例がなく、承認されれば初となる(関連記事「腫瘍溶解性ウイルスの臨床応用と今後の展望」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  腫瘍溶解性ウイルス、希少がんで第Ⅱ相開始