メニューを開く 検索

ファブリー腎症の早期発見に有用なマーカー発見

尿中マルベリー小体

2022年02月25日 16:12

8名の医師が参考になったと回答 

 先天性代謝異常であるファブリー病に関連した腎疾患(ファブリー腎症)の早期診断や酵素補充療法による治療効果判定のバイオマーカーとして、尿中のマルベリー小体(uMB)が有用であることを大阪大学大学院腎臓内科学教授の猪阪善隆氏らの研究グループが見いだした。uMBは一般的な尿検査で評価できるため、ファブリー腎症の早期発見が進み、重篤な合併症の予防につながることが期待されるという。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  総合診療 »  ファブリー腎症の早期発見に有用なマーカー発見