メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  精神疾患 »  左側臥位の睡眠姿勢で胃食道逆流時間が短縮

左側臥位の睡眠姿勢で胃食道逆流時間が短縮

2022年02月25日 17:00

34名の医師が参考になったと回答 

 就寝中も症状を呈する胃食道逆流症(GERD)患者において、睡眠姿勢が右側臥位の者では食道での酸曝露時間が長いことが報告されている。オランダ・University Medical Centers AmsterdamのJeroen M. Schuitenmaker氏らは、GERD患者にインピーダンス・pHモニタリング検査と睡眠時の体位測定を行った結果、右側臥位および仰臥位の睡眠姿勢に比べ、左側臥位では食道での酸曝露時間が有意に短縮したと、Am J Gastroenterol2022; 117: 346-351)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  精神疾患 »  左側臥位の睡眠姿勢で胃食道逆流時間が短縮