メニューを開く 検索 ログイン

左側臥位の睡眠姿勢で胃食道逆流時間が短縮

2022年02月25日 17:00

15名の医師が参考になったと回答 

 就寝中も症状を呈する胃食道逆流症(GERD)患者において、睡眠姿勢が右側臥位の者では食道での酸曝露時間が長いことが報告されている。オランダ・University Medical Centers AmsterdamのJeroen M. Schuitenmaker氏らは、GERD患者にインピーダンス・pHモニタリング検査と睡眠時の体位測定を行った結果、右側臥位および仰臥位の睡眠姿勢に比べ、左側臥位では食道での酸曝露時間が有意に短縮したと、Am J Gastroenterol2022; 117: 346-351)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  精神疾患 »  左側臥位の睡眠姿勢で胃食道逆流時間が短縮