メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  mHSPCではダロルタミド追加が標準療法に

mHSPCではダロルタミド追加が標準療法に

第Ⅲ相試験ARASENS

2022年02月27日 05:00

24名の医師が参考になったと回答 

 転移性ホルモン感受性前立腺がん(mHSPC)患者に対し、アンドロゲン遮断療法(ADT)+ドセタキセルの併用療法に、第二世代抗アンドロゲン受容体阻害薬ダロルタミドの追加効果を検証した第Ⅲ相臨床試験ARASENSにおいて、全生存(OS)の有意な延長が示された。米・Massachusetts General Hospital Cancer CenterのMatthew R. Smith氏らが米国臨床腫瘍学会泌尿器癌シンポジウム(ASCO-GU 2022、2月17~19日、ウェブ併催)で報告した。結果の詳細はN Engl J Med2022年2月17日オンライン版)に同時掲載された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  mHSPCではダロルタミド追加が標準療法に