メニューを開く 検索

コロナ下の手術医療のあるべき姿とは

手術実施、感染制御、手術室環境+αの課題を検討

2022年02月28日 17:40

6名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大により、手術部運営の在り方にも変化が訪れつつある。東京逓信病院院長の安原洋氏はCOVID-19下で見えてきた手術部の課題を手術実施、感染制御、手術室環境の3つの側面から検討。さらに感染予防ガイドラインに対するコンプライアンスの重要性を力説した上で、今後の手術医療のあるべき姿を展望した。第43回日本手術医学会(1月28~29日、ウェブ併催)での講演の概要を紹介する。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  学会レポート »  コロナ下の手術医療のあるべき姿とは