メニューを開く 検索 ログイン

コロナ罹患1年後も精神疾患リスク上昇

米・大規模コホート研究で検証

2022年02月28日 17:00

6名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の急性期以降では、精神疾患のリスクが上昇することが知られている。しかし、これまでの研究は追跡期間が6カ月未満と短く、アウトカムの選択幅も狭いなど、包括的な検討は行われていなかった。米・VA Saint Louis Health Care SystemのYan Xie氏らは、米国の国立データベースを用いた大規模コホート研究を実施。COVID-19患者を1年超追跡した結果、不安障害や抑うつ障害など、各種の精神疾患リスクが軒並み上昇したとBMJ2022; 376: e068993)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナ罹患1年後も精神疾患リスク上昇