メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

臓器横断的ゲノム診療GLが改訂

ICI適応判断に遺伝子変異量を追加

2022年02月28日 16:41

1名の医師が参考になったと回答 

 近年の分子標的治療や臓器横断的な治療の進展を踏まえ、今月(2022年2月)に『成人・小児進行固形がんにおける臓器横断的ゲノム診療のガイドライン』(編:日本臨床腫瘍学会、日本癌治療学会、日本小児血液・がん学会)の改訂版(第3版)が刊行された。ガイドライン作成委員を努めた国立がん研究センター東病院消化管内科の三島沙織氏は、第3版では免疫チェックポイント阻害薬(ICI)の適応判断基準に、新たな臓器横断的なバイオマーカーとして腫瘍遺伝子変異量高スコア(TMB-H)が追加されたことを第19回日本臨床腫瘍学会(2月17〜19日、ウェブ併催)で紹介した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  臓器横断的ゲノム診療GLが改訂