メニューを開く 検索 ログイン

機能性ディスペプシアに漢方薬を用いるこつ

2022年03月01日 05:00

15名の医師が参考になったと回答 

 漢方薬の六君子湯(りっくんしとう)が、『機能性消化管疾患診療ガイドライン2021(以下、GL)』における機能性ディスペプシア(FD)の一次治療薬として追加された。順天堂大学消化器内科先任准教授の北條麻理子氏は、GI Week 2022(2月11〜13日、ウェブ併催)で、FDなどの治療に漢方薬を用いる際のポイントについて解説した(関連記事『グレリン作動薬として期待される六君子湯』)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  機能性ディスペプシアに漢方薬を用いるこつ