メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

18F-rhPSMA-PETの前立腺がん診断能

良好な陽性適中率、前向き単群第Ⅱ相試験の最終解析

2022年03月03日 05:05

1名の医師が参考になったと回答 

 放射性同位元素フッ素18(18F)を用いた前立腺特異的膜抗原(PSMA)-PETリガンドはガリウム68(68Ga)を用いたPSMA-PETリガンドと比べて半減期が長く、高い解像度が期待できる。米・Winship Cancer InstituteのDavid M. Schuster氏らは、前立腺がんの再発が疑われる患者を対象に、18F-radiohybrid PSMA(rhPSMA)-7.3の診断能と安全性を検証する前向き第Ⅲ相単群試験SPOTLIGHTを実施。良好な陽性適中率(PPV)が認められ、安全性にも問題がなかったことを米国臨床腫瘍学会泌尿器癌シンポジウム(ASCO-GU 2022、2月17~19日、ウェブ併催)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  18F-rhPSMA-PETの前立腺がん診断能

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544641 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外