メニューを開く 検索 ログイン

「がん患者が歩けることの意義」とは

骨転移診療ガイドライン改訂案を解説

2022年03月03日 14:59

8名の医師が参考になったと回答 

『骨転移診療ガイドライン』(日本臨床腫瘍学会編)は2015年に初版が刊行され、まもなく改訂第2版が刊行される予定である。ガイドライン作成委員を務めた帝京大学整形外科学主任教授の河野博隆氏は、同改訂案における骨転移診療のポイントについて第19回日本臨床腫瘍学会(2月17〜19日、ウェブ併催)で解説。骨転移例を含む「がん患者が歩けることの意義」を強調した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  「がん患者が歩けることの意義」とは

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544688 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外