メニューを開く 検索 ログイン

前立腺がんの一次治療、オラパリブ追加で著効

mCRPC患者対象の第Ⅲ相PROpel

2022年03月04日 17:45

2名の医師が参考になったと回答 

 新規ホルモン薬(NHA)または化学療法による治療歴がない転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)患者の一次治療として、第二世代抗アンドロゲン薬アビラテロンへのPARP阻害薬オラパリブの上乗せ効果を検証した第Ⅲ相試験PROpelの結果が、カナダ・Centre Hospitalier de l'Université de Montréal のFred Saad氏により、米国臨床腫瘍学会泌尿器癌シンポジウム(ASCO-GU 2022、2月17~19日、ウェブ併催)で報告された。主要評価項目とした画像診断に基づく無増悪生存(rPFS)は、相同組み換え修復(HRR)関連遺伝子変異の有無にかかわらず、オラパリブを上乗せした集団で改善していた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  前立腺がんの一次治療、オラパリブ追加で著効

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544588 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外