メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

腹腔鏡下幽門側胃切除術GL変更促す結果、5年RFSで非劣性

速報、進行胃がんが対象の国内第Ⅱ/Ⅲ相ランダム化比較試験JLSSG0901

2022年03月07日 18:00

12名の医師が参考になったと回答 

 胃がんに対する腹腔鏡下幽門速胃切除術は1991年に日本で開発され、早期胃がんに対しては標準療法として推奨されている一方、進行胃がんに関するエビデンスは十分ではなかった。国内第Ⅱ/Ⅲ相ランダム化比較試験(RCT)JLSSG0901では、進行胃がんに対する腹腔鏡下幽門側胃切除術の安全性と根治性を国際的標準治療である開腹手術を対照に比較。第94回日本胃癌学会(3月2〜4日、ウェブ併催)で大分大学消化器・小児外科講座准教授の衛藤剛氏らは、同試験の主要評価項目である5年無再発生存(RFS)の成績を初めて報告。腹腔鏡下幽門側胃切除術の開腹手術に対する非劣性が証明されたことを明らかにした。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  腹腔鏡下幽門側胃切除術GL変更促す結果、5年RFSで非劣性

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544746 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外