メニューを開く 検索

幼少期の受動喫煙でもリウマチのリスク増

2022年03月08日 16:40

11名の医師が参考になったと回答 

 喫煙者では関節リウマチ(RA)の発症リスクが高まることが知られるが、受動喫煙との関連を検証したデータは少ない。フランス・Université Paris-Saclayの研究グループは、喫煙および受動喫煙歴が女性のRAに及ぼす影響を検証したFrench E3N研究の結果をRMD Open(2022; 8: e001980)に発表。幼少期の受動喫煙でも女性のRAの発症リスク上昇と有意に関連していたと報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  リウマチ・膠原病 »  幼少期の受動喫煙でもリウマチのリスク増