メニューを開く 検索 ログイン

検診と診療を同一視していませんか?

胃内視鏡検診の精度管理に大きなばらつき

2022年03月09日 17:26

15名の医師が参考になったと回答 

 胃内視鏡検診は『有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン2014年度版』で死亡率減少効果があるとして推奨されたことを受け、2016年から対策型胃がん検診としての実施が認められている。しかし、財源や検査医の確保が困難であるなどの理由から、導入をためらう自治体は少なくない。また、生検や再検査の扱いが地域・医療施設により大きく異なるという精度管理上の問題も生じている。宮城県対がん協会がん検診センター所長の加藤勝章氏は、第29回日本CT検診学会(2月25~26日、ウェブ併催)で胃内視鏡検診の現状と課題について解説。検査医の検診と診療の違いに対する認識のずれが精度のばらつきを招いているとし、検査医への教育・研修体制の整備やマニュアル改訂の重要性を強く訴えた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  検診と診療を同一視していませんか?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544755 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外