メニューを開く 検索 ログイン

救急症例から学んだ、若手に伝えたい教訓

ベテラン脳神経外科医のメッセージ

2022年03月09日 16:59

8名の医師が参考になったと回答 

 冷静な観察力と迅速な判断力の、両者が同時に求められる救急医。彼らが心に刻み付けた症例と当時の心境、そこから学んだ教訓を、第27回日本脳神経外科救急学会(2月4~5日、ウェブ開催)の特別シンポジウム「ベテラン脳神経外科医の心に残る救急症例:若手医師に伝えたいこと」で語った。日本医科大学病院高度救命救急センターセンター長の横堀將司氏は交通事故で脳を損傷して搬送された若年患者、順天堂大学静岡病院脳神経外科科長の山本拓史氏はドクターヘリで搬送した大動脈解離の症例を紹介、若手医師へ向けてメッセージを送った。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  学会レポート »  救急症例から学んだ、若手に伝えたい教訓