メニューを開く 検索 ログイン

2型糖尿病ではNAFLDが重症低血糖リスク

韓国・190万例超対象の健診コホート研究

2022年03月09日 16:41

3名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 肝硬変を伴わない非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)を有する2型糖尿病患者では、多変量調整後の重症低血糖リスクが26%上昇することが示された。韓国・Yonsei University College of MedicineのJi-Yeon Lee氏らが、同国国民健康保険公団(NHIS)の健康診断で特定された成人の2型糖尿病190万例超を対象とした後ろ向きコホート研究で、NAFLDと重症低血糖との関連を検討した結果をJAMA Netw Open2022; 5: e220262)に発表した(関連記事「NAFLDは軽度でも死亡リスクを上昇」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  2型糖尿病ではNAFLDが重症低血糖リスク

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544762 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外