メニューを開く 検索 ログイン

動脈硬化GL改訂、FHの変更点は

治療フローチャートはおおむね据え置き

2022年03月10日 17:25

9名の医師が参考になったと回答 

 日本における家族性高コレステロール血症(FH)の患者数は30万人以上と推定されるが、1%に満たない診断率の向上と早期治療介入が喫緊の課題とされている。順天堂大学臨床検査医学先任准教授(現・東京学芸大学保健管理センター教授)の平山哲氏は第22回動脈硬化教育フォーラム(2月6日、ウェブ開催)で、5年ぶりの改訂に向け作業が進められている『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版』(以下、GL2022)におけるFH診断基準の変更点などを紹介。治療フローチャートについては大きな変更はないものの、多剤併用による強力な内服治療を基本とし、スタチン不耐の場合はPCSK9阻害薬単独も可とするなどポイントを解説した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  動脈硬化GL改訂、FHの変更点は

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544645 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外