メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

早期胃がん内視鏡治療、適応拡大の根拠を解説

非ランダム化検証的試験JCOG1009/1010

2022年03月10日 16:29

1名の医師が参考になったと回答 

 早期胃がんへの低侵襲治療である内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)。従来、未分化型の早期胃がんに対しては適応とされていなかったが、昨年(2021年)改訂された『胃癌治療ガイドライン 医師用 2021年7月改訂 第6版』において、腫瘍径2cm以下で潰瘍がない(UL0)未分化型の粘膜内がん(cT1a)に対して適応が拡大された(関連記事「早期胃がんに対するESD/EMR」)。適応拡大の根拠となった非ランダム化検証的試験JCOG1009/1010で研究事務局を務めた記念塔病院(札幌市)消化器内科診療部長/内視鏡センターセンター長の滝沢耕平氏は、同試験で日本胃癌学会の西記念賞を受賞、試験の概要を第94回日本胃癌学会(3月2〜4日、ウェブ併催)で解説した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  早期胃がん内視鏡治療、適応拡大の根拠を解説

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544779 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外