メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  腎がん免疫療法に生菌製剤の上乗せが有効

腎がん免疫療法に生菌製剤の上乗せが有効

転移性腎細胞がん患者対象の第Ⅰ相試験

2022年03月10日 15:22

10名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米・City of Hope Comprehensive Cancer CenterのNazli Dizman氏らは、転移性腎細胞がん患者を対象に、免疫チェックポイント阻害薬のニボルマブとイピリムマブの併用療法への生菌製剤Clostridium butyricum MIYAIRI(CBM)588の上乗せ効果を検証する医師主導第Ⅰ相試験を実施。その結果、CBM588の上乗せにより無増悪生存期間(PFS)が有意に延長することが示されたと、Nat Med2022年2月28日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  腎がん免疫療法に生菌製剤の上乗せが有効