メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  適切な睡眠時間が心房細動の予防に重要

適切な睡眠時間が心房細動の予防に重要

吹田研究

2022年03月14日 05:10

20名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 心房細動(AF)の予防には、日ごろから規則正しく適切な長さの睡眠を取ることが肝要である。国立循環器病研究センター健診部のAhmed Arafa氏、特任部長の小久保喜弘氏らは、都市部地域住民を対象とした吹田研究の解析およびこれまでの疫学研究とのメタ解析を行い睡眠時間とAFの関係を検討。その結果、睡眠時間が短時間、長時間、不規則であっても心房細動(AF)リスクが上昇することが分かったとEPMA Journal2022; 13: 77-86)に発表した。(関連記事「長寿には7時間睡眠」「22~23時の入眠で心血管イベントリスク低減」)

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  適切な睡眠時間が心房細動の予防に重要