メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

ピロリ除菌後の胃がん再発に細菌叢が関与?

2022年03月15日 05:05

27名の医師が参考になったと回答 

 Helicobacter pyloriH. pylori)除菌療法(以下、除菌)は胃がんの発症や再発を抑制するが、完全に予防できるわけではない。近年、胃の細菌叢の異常(dysbiosis)が胃がん発症に関与する可能性が示唆されているが、dysbiosisは人種や生活習慣により大きく異なるため、日本人を対象とした検討が必要である。大阪市立大学大学院先端予防医療学教授の渡邉俊雄氏は、除菌前後のdysbiosisに関する自施設データを第94回日本胃癌学会(3月2〜4日、ウェブ併催)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  ピロリ除菌後の胃がん再発に細菌叢が関与?

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544819 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外