メニューを開く 検索 ログイン

検査中の膨満感が大腸CT負担の原因

2022年03月15日 17:04

8名の医師が参考になったと回答 

 近年では比較的簡便で診断精度の高い大腸CT検査が、大腸がんの一次スクリーニングとして導入されつつある。杜の都産業保健会一番町健診クリニック(仙台市)/東北大学大学院放射線検査学分野の根本まなみ氏らは大腸CT検査受検者にアンケートを実施し、第50回日本総合健診医学会(1月28〜29日、ウェブ開催)で結果を発表。「大腸CT検査受検者は前処置よりも検査中の腹部膨満感に大きな負担を感じている。膨満感はガスの送気調節や体位変換のタイミングに留意することで軽減できることから、受検者とコミュニケーションを取りながら検査することで受検率向上につながる」と報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]6月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  健康・公衆衛生 »  検査中の膨満感が大腸CT負担の原因