メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  新規尿酸降下薬ドチヌラドの特徴と推奨患者像

新規尿酸降下薬ドチヌラドの特徴と推奨患者像

2022年03月15日 17:21

18名の医師が参考になったと回答 

 高尿酸血症の薬物治療は病型に応じて選択することが推奨されているが、臨床現場ではフェブキソスタットなどの尿酸生成抑制薬が広く普及しているのが現状だ。別のクラスの尿酸降下薬には古くから使用されている尿酸排泄促進薬(ベンズブロマロンなど)があるが、まれだが重篤な肝障害が起きる懸念があるため使用頻度は低い。そうした中、新規の尿酸排泄促進薬ドチヌラドが2020年に登場し、有用性が期待されている。大阪市立大学代謝内分泌病態内科学講師の藏城雅文氏は、第55回日本痛風・尿酸核酸学会(2月17~18日、ウェブ開催)で講演。同薬を第一選択で使用が推奨される患者像、使用上の課題などについて解説した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  新規尿酸降下薬ドチヌラドの特徴と推奨患者像