メニューを開く 検索 ログイン

新規尿酸降下薬ドチヌラドの特徴と推奨患者像

2022年03月15日 17:21

3名の医師が参考になったと回答 

 高尿酸血症の薬物治療は病型に応じて選択することが推奨されているが、臨床現場ではフェブキソスタットなどの尿酸生成抑制薬が広く普及しているのが現状だ。別のクラスの尿酸降下薬には古くから使用されている尿酸排泄促進薬(ベンズブロマロンなど)があるが、まれだが重篤な肝障害が起きる懸念があるため使用頻度は低い。そうした中、新規の尿酸排泄促進薬ドチヌラドが2020年に登場し、有用性が期待されている。大阪市立大学代謝内分泌病態内科学講師の藏城雅文氏は、第55回日本痛風・尿酸核酸学会(2月17~18日、ウェブ開催)で講演。同薬を第一選択で使用が推奨される患者像、使用上の課題などについて解説した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  新規尿酸降下薬ドチヌラドの特徴と推奨患者像

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544854 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外