メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  脳梗塞・再灌流成功例の死亡、予測因子同定

脳梗塞・再灌流成功例の死亡、予測因子同定

喫煙パラドックスも確認

2022年03月16日 15:33

6名の医師が参考になったと回答 

 脳主幹動脈閉塞(LVO)による急性虚血性脳卒中(AIS)に対する血管内治療(機械的血栓回収療法)は再灌流の成功率が高いものの、治療後90日以内の死亡率が約15%に上るとの報告もある。中国・Maoming People's HospitalのHao Li氏らは、同国の多施設共同ランダム化比較試験DIRECT-MTのデータを用いて検討した結果、治療後の米国立衛生研究所脳卒中スケール(NIHSS)スコア高値、症候性頭蓋内出血(ICH)、病院到着時(入院時)のNIHSSスコア高値および血糖高値が、再灌流成功例における90日以内死亡の有意な独立予測因子であったとBMJ Open2022;12:e053765)に発表した。喫煙者で死亡リスクが低い"喫煙パラドックス"も認められた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  脳梗塞・再灌流成功例の死亡、予測因子同定