メニューを開く 検索 ログイン

コロナ対応スタッフの9割がビタミンD欠乏

2022年03月17日 18:30

36名の医師が参考になったと回答 

 国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター母性内科診療部長の山口晃史氏らは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の受け入れ施設で働く感染リスクが高い医療従事者を対象に、易感染性や重症化要因を検討する前向き研究を実施。その結果、男女とも約9割がビタミンD欠乏症であることが明らかになったと、BMJ Nutr Prev Health2022; e000364)のLetterで発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  コロナ対応スタッフの9割がビタミンD欠乏