メニューを開く 検索

重症コロナに長期的な認知機能低下リスク

中国・武漢発の縦断的コホート研究

2022年03月17日 18:47

1名の医師が参考になったと回答 

 中国・Third Military Medical UniversityのYu-Hui Liu氏らは、同国・武漢市の3施設において新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染により入院治療を受けた60歳以上の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者を対象としたコホート研究において、退院後1年間の認知機能の経時的変化を検討。高齢でのSARS-CoV-2感染、特に重症感染が長期的な認知機能低下リスクの増加と関連していることを、JAMA Neurology2022年3月8日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  感染症 »  重症コロナに長期的な認知機能低下リスク