メニューを開く 検索 ログイン

重度精神疾患では若年から心血管リスク上昇

プライマリケア外来通院患者60万例を解析

2022年03月18日 17:07

2名の医師が参考になったと回答 

 重度精神疾患(SMI)患者では、若年時から心血管疾患(CVD)リスクが上昇することが明らかになった。米・Health Partners InstituteのRebecca C. Rossom氏らは同国のプライマリケア外来に通院している患者約60万例を対象に、長期にわたるSMIとCVDリスクの関係を検討した結果をJ Am Heart Assoc2022; 11: e021444)に発表。「SMI患者では若年時からCVD危険因子を明らかにし、介入することが重要である」と指摘した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  重度精神疾患では若年から心血管リスク上昇