メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  血中のアミロイドβ、血糖値の調節に関与

血中のアミロイドβ、血糖値の調節に関与

脳以外の組織からも分泌

2022年03月22日 15:07

31名の医師が参考になったと回答 

 大阪市立大学認知症病態学研究教授の富山貴美氏らの研究グループは、アルツハイマー病(AD)患者の脳内に蓄積するアミロイドベータ(Aβ)が、膵臓、骨格筋など脳以外の組織からも分泌されることを発見。血液中のAβの生理作用を調べた結果、膵臓から分泌されるインスリンの産生を抑制し、血糖値の調節に関与していることを明らかにした。今回の結果から、食事によって血中のAβ濃度が大きく変動することが想定されるとして、「ADの診断のために血液中のAβ濃度を測定する際には、空腹時に採血するなどの注意が必要」としている。結果の詳細は、PNAS2022 ;119 :e2117723119)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

学会発表時、特に気にかけていることは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  血中のアミロイドβ、血糖値の調節に関与