メニューを開く 検索 ログイン

血中のアミロイドβ、血糖値の調節に関与

脳以外の組織からも分泌

2022年03月22日 15:07

22名の医師が参考になったと回答 

 大阪市立大学認知症病態学研究教授の富山貴美氏らの研究グループは、アルツハイマー病(AD)患者の脳内に蓄積するアミロイドベータ(Aβ)が、膵臓、骨格筋など脳以外の組織からも分泌されることを発見。血液中のAβの生理作用を調べた結果、膵臓から分泌されるインスリンの産生を抑制し、血糖値の調節に関与していることを明らかにした。今回の結果から、食事によって血中のAβ濃度が大きく変動することが想定されるとして、「ADの診断のために血液中のAβ濃度を測定する際には、空腹時に採血するなどの注意が必要」としている。結果の詳細は、PNAS2022 ;119 :e2117723119)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  血中のアミロイドβ、血糖値の調節に関与

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544905 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外