メニューを開く 検索 ログイン

ADの新規抗体製剤lecanemabの最新知見

副作用の脳内浮腫は10%、微小出血6%

2022年03月22日 17:26

7名の医師が参考になったと回答 

 早期アルツハイマー病(AD、軽度認知障害と軽度AD)の治療薬として開発中の抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体lecanemabの第Ⅱb相試験201および長期投与試験OLEの最新の結果が、第16回アルツハイマー・パーキンソン病学会(AD/PD 2022、3月15~20日、ウェブ併催)で発表された。同薬の投与により脳内アミロイドプラークを迅速に除去する効果が認められ、懸念される副作用であるアミロイド関連画像異常〔ARIA(脳内の浮腫や微小出血)〕の発現率は約1割で、症候性ARIAは2%程度だった。同薬の共同開発を手がけるエーザイとバイオジェンが報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  ADの新規抗体製剤lecanemabの最新知見