メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  女性疾患・周産期 »  HPVワクチン有害事象の多くは"紛れ込み"

HPVワクチン有害事象の多くは"紛れ込み"

2022年03月23日 14:40

40名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 金沢医科大学産科婦人科学講師の柴田健雄氏は「ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種後の副反応疑い症状の多くは接種との因果関係は証明されておらず、多種多様な症状が偶然にHPVワクチン接種後に見られた"紛れ込み"の可能性が高い」と第34回日本性感染症学会(2021年11月27〜28日、ウェブ開催)で発表。「HPV感染予防にはワクチン接種が非常に有効なため、定期接種対象者だけでなく未接種者へのキャッチアップ接種が必要」と述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  女性疾患・周産期 »  HPVワクチン有害事象の多くは"紛れ込み"