メニューを開く 検索 ログイン

スマホアプリでドライアイの危険因子同定

花粉症併発例は若年、女性などでリスク高い

2022年03月24日 17:37

1名の医師が参考になったと回答 

 花粉症とドライアイは多くの日本人が罹患する疾患で、QOLや労働生産性が低下するため看過できないが、環境因子、生活習慣などが複合的に関連しており同定が難しい。そこで、順天堂大学順天堂医院眼科の菊池遥太氏は、スマートフォンアプリ(以下、スマホアプリ)を用いて花粉症に関連するビッグデータを収集。横断観察研究により、若年例や女性などが花粉症を併発するドライアイの有意な危険因子として同定できたと、角膜カンファランス2022(2月10~12日、ウェブ併催)で報告した(関連記事「世界初の花粉症予防アプリを開発」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »   »  スマホアプリでドライアイの危険因子同定

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544952 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外