メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »   »  スマホアプリでドライアイの危険因子同定

スマホアプリでドライアイの危険因子同定

花粉症併発例は若年、女性などでリスク高い

2022年03月24日 17:37

29名の医師が参考になったと回答 

 花粉症とドライアイは多くの日本人が罹患する疾患で、QOLや労働生産性が低下するため看過できないが、環境因子、生活習慣などが複合的に関連しており同定が難しい。そこで、順天堂大学順天堂医院眼科の菊池遥太氏は、スマートフォンアプリ(以下、スマホアプリ)を用いて花粉症に関連するビッグデータを収集。横断観察研究により、若年例や女性などが花粉症を併発するドライアイの有意な危険因子として同定できたと、角膜カンファランス2022(2月10~12日、ウェブ併催)で報告した(関連記事「世界初の花粉症予防アプリを開発」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »   »  スマホアプリでドライアイの危険因子同定