メニューを開く 検索 ログイン

過体重・肥満の長期化は大腸がんリスク

2022年03月25日 11:48

5名の医師が参考になったと回答 

 過体重は結腸直腸がん(CRC)の確立された危険因子だが、従来の研究の大部分はある時点の過体重とCRCリスクの関連を検討するのみで、生涯の累積喫煙量を示すpack-yearsのような、過体重での累積生存年数は考慮されていない。ドイツ・German Cancer Research Center/Heidelberg UniversityのXiangwei Li氏らは、同国の住民約1万例を対象にした症例対照研究で「年齢とBMIにより重み付けされた過体重(日本の診断基準では肥満)または肥満の状態での生存年数(weighted number of years lived with overweight or obesity;WYOs)」という尺度を用いて検討した結果、WYOsはある一時期における過体重よりもCRCリスク上昇との関連が強かったとJAMA Oncol2022年3月17日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  過体重・肥満の長期化は大腸がんリスク

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD544959 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外