メニューを開く 検索

コロナワクチンによる血栓症、半数は脳静脈に

2022年03月28日 05:05

48名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のアデノウイルスベクターワクチン接種に伴う極めてまれな副反応として、血小板減少症を伴う血栓症(Thrombosis with Thrombocytopenia Syndrome;TTS)が報告されている。杏林大学脳卒中医学教室講師の河野浩之氏は、ワクチンに伴うTTSの約半数が脳静脈血栓症(CVT)で、うち約7割は抗凝固療法を施行しないと出血が悪化する静脈性出血性梗塞合併例であると、第16回日本血栓止血学会学術標準化委員会シンポジウム(2月19日、ウェブ開催)で解説した。(関連記事「AZワクチン接種後の血栓症、特徴は?」「神経学会、AZワクチンに見解」)

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  安全性情報 »  コロナワクチンによる血栓症、半数は脳静脈に