メニューを開く 検索 ログイン

オートショックAEDが登場、普及の課題は?

2022年03月28日 16:55

3名の医師が参考になったと回答 

 日本では2004年7月に非医療従事者による自動体外式除細動器(AED)の使用が可能となった。承認されたのは救助者が電気ショックボタンを押下する「セミオートAED」のみだったが、昨年(2021年)7月にボタン押下不要の「オートショックAED」が承認された。徳洲会集中治療部顧問で吹田徳洲会病院(大阪府)救急集中治療部門長の丸川征四郎氏は、オートショックAEDのメリットとデメリット、普及に向けた課題などについて第49回日本集中治療医学会(3月18~20日、ウェブ開催)で解説した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  循環器 »  オートショックAEDが登場、普及の課題は?