メニューを開く 検索

乾癬と乾癬性関節炎、IL-7阻害薬で高継続率

2022年04月04日 17:57

11名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 仏・Université Paris Est CréteilのLaura Pina Vegas氏らは、乾癬(PsO)および乾癬性関節炎(PsA)に用いる生物学的製剤の長期継続性を評価するため、PsO患者1万6,892例とPsA患者6,531例を対象とした大規模コホート研究を実施。その結果、両疾患の治療継続率はTNF阻害薬投与群と比べIL-17阻害薬投与群で高く、PsAの治療継続率はIL-12/23阻害薬投与群に比べIL-17阻害薬群で高かったと、JAMA Dermatol2022年3月23日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  乾癬と乾癬性関節炎、IL-7阻害薬で高継続率