メニューを開く 検索 ログイン

胃がんのロボット手術、長期予後改善の可能性

2022年04月05日 15:00

1名の医師が参考になったと回答 

 胃がんに対するロボット支援下手術の評価は定まっていない。ロボット支援下胃切除術と腹腔鏡下胃切除術の有用性を比較した海外の検討では、手術時間延長やコスト増加から、手術支援ロボットによる費用効果の悪化が考察されている(Ann Surg 2016; 263: 103-109)。一方、国内の検討では、全合併症発生率(副次評価項目)が手術支援ロボット群で有意に改善したとの報告がある(JAMA Surg 2020; 156: 954-963)。藤田医科大学総合消化器外科主任教授の須田康一氏は、胃がんに対するロボット支援下手術の有用性を検討した結果と実臨床で活用する際のポイントを、第14回日本ロボット外科学会(2月26~27日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  胃がんのロボット手術、長期予後改善の可能性

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545102 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外