メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  GLP-1作動薬で胆囊・胆道疾患リスク上昇

GLP-1作動薬で胆囊・胆道疾患リスク上昇

リラグルチド、デュラグルチドで有意

2022年04月05日 18:05

36名の医師が参考になったと回答 

 中国医科学アカデミー/北京協和医学院のLiyun He氏らは、ランダム化比較試験(RCT)76件・10万例超が対象のシステマチックレビューとメタ解析を行い、GLP-1受容体作動薬(GLP-1 RA)の使用に伴う胆囊・胆道疾患のリスクを検討。その結果、特に高用量、長期間、体重減少目的での使用により胆囊・胆道疾患のリスクが上昇したとJAMA Intern Med2022年3月28日オンライン版)に発表した。製品別の解析では、リラグルチドやデュラグルチドで有意なリスク上昇との関連が認められた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  GLP-1作動薬で胆囊・胆道疾患リスク上昇