メニューを開く 検索 ログイン

GLP-1作動薬で胆囊・胆道疾患リスク上昇

リラグルチド、デュラグルチドで有意

2022年04月05日 18:05

25名の医師が参考になったと回答 

 中国医科学アカデミー/北京協和医学院のLiyun He氏らは、ランダム化比較試験(RCT)76件・10万例超が対象のシステマチックレビューとメタ解析を行い、GLP-1受容体作動薬(GLP-1 RA)の使用に伴う胆囊・胆道疾患のリスクを検討。その結果、特に高用量、長期間、体重減少目的での使用により胆囊・胆道疾患のリスクが上昇したとJAMA Intern Med2022年3月28日オンライン版)に発表した。製品別の解析では、リラグルチドやデュラグルチドで有意なリスク上昇との関連が認められた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  GLP-1作動薬で胆囊・胆道疾患リスク上昇

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD545124 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外