メニューを開く 検索 ログイン

JAK阻害薬 vs. 抗体医薬、アトピー性皮膚炎

アブロシチニブ200mg、ウパダシチニブ30mgの効果はわずかに優る

2022年04月06日 17:24

7名の医師が参考になったと回答 

 カナダ・University of TorontoのAaron M.Drucker氏らは、2021年6月15日までに発表された、中等症~重症のアトピー性皮膚炎(AD)に対する8週間以上の全身免疫調節治療の有効性と安全性を評価したランダム化比較試験(RCT)60件・1万6, 579例が対象のネットワークメタ解析の結果をJAMA Dermatol2022年3月16日オンライン版)に発表。抗IL-4/13受容体抗体デュピルマブと比較した経口ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬の効果は同等であったものの、アブロシチニブ200mg/日、ウパダシチニブ30mg/日については、デュピルマブよりもわずかに良好な湿疹面積・重症度指数(EASI)スコアの低下が期待できることが示された(関連記事「アトピーの全身療法、新薬の使い分けは?」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  JAK阻害薬 vs. 抗体医薬、アトピー性皮膚炎